企業としての取り組み

次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み

株式会社NHKグローバルメディアサービスでは、多様なライフスタイルを尊重しながら、社員が仕事と家庭を両立させ、働きやすい環境を作ることを推進します。公共放送NHKのグループ企業として、「次世代育成支援」の社会的責任を果たすよう、次の行動計画を策定します。

◆第5期行動計画(平成29年4月1日掲載)

【計画期間】

  平成29年4月1日~平成32年3月31日

【内容】

雇用環境の整備に関する事項

目標1:「積立休暇」の取得事由の拡大

取得事由を家族の看護、介護、不妊治療としている現行制度を見直し、本人の傷病も事由に追加する。
※「積立休暇」とは、翌年度へ繰り越せなかった勤労休暇を積み立て、家族の看護、介護、不妊治療のための通院などに利用できる有給休暇のこと。

目標2:「在宅勤務制度」の検討

在宅勤務制度を検討するための試行を実施する。

目標3:「男性社員の育児休職制度利用の促進」

計画期間内に、男性社員の育児休職取得者を1名以上とする。

くるみんマーク

NHKグローバルメディアサービスでは、多様なライフスタイルを尊重しながら、働きやすい職場環境の整備に努めています。

平成17年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代育成支援のための「一般事業主行動計画」を策定し、目標の実現に向けて取り組んでいます。第4期行動計画で定めた目標を達成し、仕事と家庭の両立を可能とする良好な環境づくりを推進している『子育てサポート企業』として厚生労働大臣認定の「くるみんマーク」(2回目の認定)を取得しました。

女性活躍推進法に基づく取り組み 

平成28年4月施行の「女性活躍推進法」に基づき、女性活躍推進の社会的責任を果たすよう、NHKグローバルメディアサービスは「行動計画」を策定し、目標の実現に向けて取り組んでいます。

◆第2期行動計画(平成30年3月16日掲載)

【計画期間】

2018年4月1日~2021年3月31日

【当社の課題】

男女別による働き方や勤続年数に大きな差がないため、性別にかかわらず、「働き方改革」を進め、多様な働き方が可能となる環境整備、風土作りが当社の課題です。第1期の取り組みの結果、時間外勤務は大幅に削減されました。第2期の課題として、ワークライフバランスと健康管理が実現できるよう「勤労休暇の取得」を推進します。

【目標】

 ●社員の勤労休暇の取得について、2018年度~2020年度の平均で、2017年度よりも1日以上多く取得する。
 ●2017年度に勤労休暇を12日以上取得した社員については、2018年度~2020年度の平均で、12日以上取得する。

【取組内容と実施時期】

 取組1 全社的に「ノー残業デー」を推進し、部署単位で目標日数を定める。(2018年4月から開始)

 取組2 2018年度中に在宅勤務制度を導入する。

 取組3 働き方相談窓口を設置し、従業員のだれもが意見を伝えることができる仕組みを整える。(2018年4月から運用開始)

・女性の活躍に関する情報公開

 独自採用社員の平均勤続年数(2018年4月1日現在)
    男性社員 121人 15年2か月
    女性社員   60人 14年3か月

 転籍社員の平均勤続年数(2018年4月1日現在)
    男性社員 2
年7か月(100人)
    女性社員 該当者なし

 

ワークライフバランス実現に向けた社内制度

  • 事業所内保育施設の開設
  • 子の看護休暇(有給)、積立休暇(有給)の導入
  • フレックスタイム制度
  • キャリアリターン制度

その他の取り組み

着メロの売り上げから東日本大震災復興支援に寄付

NHKメロディでは、東日本大震災復興応援チャリティーとして毎月10数曲を対象に、ダウンロード1回につき10円を日本赤十字社を通じて義援金 として寄付しています。

・2011年からこれまでに、1,227,090円の義援金を寄付しました。