企業としての取り組み

次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み

株式会社NHKグローバルメディアサービスでは、多様なライフスタイルを尊重しながら、社員が仕事と家庭を両立させ、働きやすい環境を作ることを推進します。公共放送NHKのグループ企業として、「次世代育成支援」の社会的責任を果たすよう、次の行動計画を策定します。

◆第6期行動計画(2020年4月1日掲載)

【計画期間】

  2020年4月1日~2025年3月31日

【内容】

(1)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

【目標1】「在宅勤務制度」の柔軟な運用

【目標2】モバイルワーク等を可能にするための制度やシステムの整備

(2)出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の拡充

【目標3】NHKグローバルメディアサービスを退職した元社員を積極的に採用する制度を策定・実施し、再雇用を充実させる。

くるみんマーク

NHKグローバルメディアサービスでは、多様なライフスタイルを尊重しながら、働きやすい職場環境の整備に努めています。

2005年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代育成支援のための「一般事業主行動計画」を策定し、目標の実現に向けて取り組んでいます。第4期行動計画で定めた目標を達成し、仕事と家庭の両立を可能とする良好な環境づくりを推進している『子育てサポート企業』として厚生労働大臣認定の「くるみんマーク」(3回目の認定)を取得しました。

女性活躍推進法に基づく取り組み 

「女性活躍推進法」に基づき、女性活躍推進の社会的責任を果たすよう、NHKグローバルメディアサービスは「行動計画」を策定し、目標の実現に向けて取り組んでいます。

◆第3期行動計画(2021年3月25日掲載)

【計画期間】

2021年4月1日~2026年3月31日(5年間)

【当社の課題】

男女の平均継続勤務年数の差異や、業務内容などに大きな差は見られない。
性別にかかわらず、引き続き、より働きやすい職場環境の整備を目指し取り組みを行う。

【目標】

 ●社員の育児休業取得率について、2021年度~2025年度の平均で、男性社員は10%以上の取得を、女性社員は100%の取得を目指す。
 ●1か月あたりの健康管理時間について、2021年度~2025年度の平均で、2019年度平均よりも3時間削減する。

【取組内容と実施時期】

 取組1 育児休職制度の周知、および利用の促進を繰り返し行う。

 取組2 育児休職制度を利用した社員にヒアリングを行い、全社員に紹介する。

 取組3 各部署に「ノー残業デー」を推進。定期的に会議等で、時間外の多い社員を確認し、抑制する。

ワークライフバランス実現に向けた社内制度

  • 事業所内保育施設の開設
  • 子の看護休暇(有給)、積立休暇(有給)の導入
  • フレックスタイム制度
  • キャリア採用(NHKグローバルメディアサービス退職者)